はろー。 は、はろー。まとめノート書いてますよ。

【自宅サーバ作業第10回】ドメイン名を取得してホームページを公開する

自宅サーバ ドメイン名取得 アイキャッチ画像

前回の自宅サーバ作業第9回ではHTTPポートを解放して自宅サーバをインターネット上に公開するところまで行いました。

自宅サーバ作業第10回では無償でドメイン取得可能なMyDNSのサービスを利用して、取得したドメイン名を用いてホームページらしく体裁を整えていきます。

ドメインの必要性

前回までに自宅サーバをインターネット上に公開するところまで進みましたが、ホームページの表示確認の際に入力したアドレス欄には「http://111.222.333.444/」といった数字とドットの羅列で構成された「IPアドレス」を指定していました。

アドレス欄に直接URLを打ち込んでホームページを閲覧する機会も最近では少なくなってはきていますが、IPアドレスのままではどうしようもなく入力間違えしやすく覚えにくいです。

例えば「http://172.217.24.131/」なんて言っても一体どこのサイトか分かりませんね。

そこで、「http://example.com/」のように、ある程度入力しやすく覚えやすい形で表したのがドメインです。

例えば「http://google.co.jp/」と言えば、ああこのサイトか。ってすぐに分かりますでしょ?

おおまかな仕組みとしては、172.217.24.131というIPアドレスをgoogle.co.jpというドメイン名に対応づけることで、「http://google.co.jp/」と入力しただけでホームページを表示できるようになります。
なので、必ずドメインを取らなければいけない訳ではなくドメイン無しでもホームページを閲覧することはできます。しかし、ドメインがあるとホームページの見栄えや信用も高まるので、ホームページを持った時にはドメインを取得しておくと良いでしょう。

ということで、ドメイン取得作業に移っていきます。

MyDNSでのドメイン取得

ドメイン取得サービスで代表的なものに「お名前.com」や「ムームードメイン」があります。
それでも問題ないのですが、自宅サーバを作るに至ったそもそもの背景を考えて、無償でのドメイン取得が可能なMyDNSサービスを利用することにしました。

MyDNSアカウント作成

はじめに、MyDNSのアカウントを作成します。

https://www.mydns.jp/にアクセスすると次のような画面が表示されるのでサイト上のメニュー「JOIN US」をクリックします。

MyDNSトップページ アカウント作成

アカウント作成画面が表示されるので、サイトの説明書きに沿ってアカウントを作成していきます。

MyDNSへログインする

アカウントの作成が完了するとアカウント作成時に入力したメールアドレス宛にメールが送られてきますので、メール文面内の「MasterID」および「Password」をMyDNSトップページ左側のUserLogin枠内のテキストボックスにそれぞれ入力してログインします。

ドメイン情報の設定

ログイン後のページでは左側のメニュー項目が以下のようになっているので、メニューより「Domain Info」をクリックしてドメイン設定をしていきます。

MyDNSユーザページ ドメイン情報の設定

このページで新たなドメインを設定できます。こちらもサイトの説明書きに沿ってドメインを入力していきます。

特にこだわりのない場合は、必須項目「Domain」に好きなドメインを入力するだけで問題ないでしょう。

IPアドレスの設定

ドメイン情報で設定したドメイン名に対応づけるIPアドレスを設定します。ログイン後ページの左側メニューより、今度は「IP ADDR DIRECT」をクリックします。

MyDNSユーザページ IPアドレスの設定

このページでは自宅PCのグローバルIPアドレスを入力します。IPv6を使用しない場合は、IPv4のみの入力で問題ありません。

ドメイン設定後

ドメイン設定およびIPアドレス設定を終えたらドメイン取得作業は完了です。ただし、設定したドメイン名でホームページにアクセスできるようになるまでは少なくとも1日程度かかりますので、数日様子を見ながら対応状況を確認していくのが良いかもしれません。

さいごに

ドメイン取得によって、以前のグローバルIPアドレスで指定した簡素な表示形式から、意味のある文字を表した形式へと変更されてホームページのアドレス欄が見やすく変わりました。
レンタルサーバで契約したようなホームページに近づき、ホームページらしい体裁が整えられてきたのではないでしょうか。

次回、自宅サーバ作業第11回では、レンタルサーバには必ずと言って良いほど用意されている「WordPress」を自宅サーバに導入して、使い勝手の良いホームページ運用をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
back to top