はろー。 は、はろー。まとめノート書いてますよ。

【自宅サーバ作業第2回】VirtualBoxで仮想マシンを作成する

VirtualBoxで仮想マシン作成 アイキャッチ画像

自宅サーバ作業第2回目では、自宅サーバ作業第1回でインストールしたVirtualBoxに仮想マシンを作成していきます。

仮想マシン完成予定の仕様

仮想マシンの完成予定の仕様です。作り始めでアクセス数の少ないホームページであればこのくらいで問題ないはず。ということで必要最小限のスペックにしてあります。
仮想マシン作成後でも変更は可能なので、必要に応じてスペックを上げていくと良いかもしれません。

OS CentOS 7(64bit)
CPU 2.6GHz
メモリ 1024MB
ストレージ 20GB

CentOS 7のダウンロード

さっそく、VirtualBoxで仮想マシンを作成していきたいところですが、その前に仮想マシン上に構築するOSのイメージファイルを準備しておく必要があります。

今回、CentOS 7でのサーバ構築を行いますので、まず公式サイトダウンロードページよりCentOS 7をダウンロードしてきます。

https://www.centos.org/download/

CentOSダウンロードページ

ダウンロードページより「Minimal ISO」をクリックし、任意のミラーサイトからイメージファイルをダウンロードします。

CentOS 7イメージファイルの確認

ダウンロード時に、イメージファイル名を確認して仕様に沿ったものかチェックを行います。
2019年7月22日時点でのダウンロードファイル名は「CentOS-7-x86_64-Minimal-1810.iso」となっており、これを下の表のように分割して確認します。なお「1810」の数字はリリースバージョンのため多少違っていても問題は無いでしょう。

チェック事項 ファイル名
CentOSのバージョンは「7」か CentOS-7
OSは「64bit」か x86_64
インストールタイプは「Minimal」か Minimal

仮想マシン作成

それでは、VirtualBoxで仮想マシンを作成していきます。

  1. VirtualBox管理画面ツールバーの「新規」をクリックします。
    VirtualBox ツールバー 新規ボタン
    完成予定の仕様を元に、名前とオペレーティングシステムの項目では下の図のように、タイプを「Linux」としバージョンを「Red Hat(64bit)」とします。
    マシンフォルダーは、作成した仮想マシンを保存するフォルダーとなっているので、自宅PCのストレージ容量を圧迫したくない場合は、外付けHDD等にマシンフォルダーを作成しておきます。
    入力が終わったら「続き」をクリックします。
    仮想マシン作成画像1_2
  2. 次に、メモリーサイズを設定します。完成予定の仕様から必要なメモリーサイズは1024MBとします。
    仮想マシン作成画像2
  3. 最後に、ハードディスクを設定していきます。
    ハードディスクは空のものを一旦作成した後、先にダウンロードしたイメージファイルを使ってハードディスクにインストールする手順を取りたいので、そのように作成していきます。
    「仮想ハードディスクを作成する」を選択して「作成」をクリック。
    仮想マシン作成画像3
  4. ハードディスクのファイルタイプを「VDI」にして「続き」をクリック。
    仮想マシン作成画像4
  5. 物理ハードディスクにあるストレージを「可変サイズ」にチェックして「続き」をクリック。
    仮想マシン作成画像5
  6. ハードディスクのサイズは、完成予定の仕様より「20GB」に設定。
    仮想マシン作成画像6
  7. 仮想マシンの作成が完了すると、VirtualBox管理画面に下のような仕様で仮想マシンが作成されました。
    仮想マシン作成後画像7

仮想マシンの設定

作成した仮想マシンの設定を行います。インストールするイメージファイルの指定やネットワーク接続設定、グラフィックスコントローラーの変更、不要な機能を無効化します。

はじめに、VirtualBox管理画面ツールバーの「設定」をクリックして設定ウィンドウを開きます。

VirtualBox ツールバー 設定ボタン

インストールするイメージファイルの指定

インストールするイメージファイルを指定します。設定ウィンドウの「ストレージ」をクリックすると以下の画面が表示されるので、ストレージデバイス欄内のコントローラー:IDEツリー下の「空」をクリックします。それから、右スペースの属性欄内に光学ドライブ:IDEセカンダリマスター横に「ディスク」アイコンが表示されるのでそれをクリック。

先にダウンロードしたイメージファイルを指定します。

インストールするイメージファイルの設定1

ネットワーク接続設定

「ネットワーク」をクリックすると以下の設定画面が表示されます。割り当ての初期値は「NAT」となっているので「ブリッジアダプター」に変更します。これによって、仮想マシンを一つの端末として扱えるようになるので、LAN内での通信振り分けがわかりやすくなります。

ネットワーク接続設定

グラフィックスコントローラーの変更

「ディスプレイ」をクリックして、グラフィックスコントローラーの変更を行います。VirtualBox 6よりグラフィックスコントローラーに「VMSVGA」が初期値で設定されるようになりました。これを以前のバージョン初期値である「VBoxVGA」に変更します。

グラフィックスコントローラの変更

不要な機能を無効化

フロッピーディスクの無効化

「システム」をクリックして起動順序リスト内のフロッピー項目のチェックを外します。

フロッピーディスクの無効化

オーディオの無効化

「オーディオ」をクリックして、オーディオを有効化のチェックを外します。

オーディオ機能の無効化

USBの無効化

「ポート」をクリックして「USB」タブに切り替えたら、USBコントローラーの有効化のチェックを外します。

USBコントローラーの無効化

さいごに

最終的に以下のような仮想マシンができました。
この仮想マシンを使って次回、自宅サーバ作業第3回にCentOSのインストールを行なっていきます。

仮想マシン設定後画像

スポンサーリンク
back to top