はろー。 は、はろー。まとめノート書いてますよ。

macOS版VirtualBoxにWindows 10 Proをインストールして使う

VirtualBoxでWindows10を動かす

デスクトップOSについてのお話です。

デスクトップOSには主にWindows、macOS、Linuxがありますが、中でもWindowsは誰もが一度は使ったことのあるOSですよね。

いくらmacOSが好きだと言っても世の中はWindows一強で、そのシェアは86%と高く10人中およそ9人はWindows派です。*1 また、macOSを普段使いしている方もWindowsで作業をしなければならない時もあるのではないでしょうか。

自身、自宅PCにmacOSを使用していますがWindowsのインストールされたPCを別購入して複数台持ちになるのは嫌なので、過去記事でVirtualBoxにLinuxをインストールしたときのように今回も仮想環境上でWindowsを使おうと思います。

VirtualBoxについて

macOS版のVirtualBox 6.0インストールについては以下の記事を参照ください。

VirtualBox インストール記事

Windows 10 ディスクイメージのダウンロード

Windows 10をインストールするときに使用するディスクイメージはMicrosoft公式サイトからダウンロードできます。

サイトにアクセスしてから「エディションの選択:Windows 10」、「言語:日本語」を順に選択していくと下のように64-bit版と32-bit版を選ぶ画面がでてきます。
Windows10 ディスクイメージ ダウンロード

自宅PC(ホストOS)のCPUが64-bitであればどちらを選択しても問題ありませんが、ホストOSのCPUが32-bitの場合は32-bit版のディスクイメージでないとインストールできなくなりますので注意が必要です。

Windows 10 仮想マシンの作成

Windows 10のシステム仕様

仮想マシンで作成するWindows 10のシステム仕様です。ホストOSの環境と相談して容量を設定していきます。

OS Windows 10 Pro (64-bit)
CPU 2.6 GHz
メモリ 4 GB
ストレージ SSD 120 GB

仮想マシン作成

上記のシステム仕様になるように仮想マシンを作成します。仮想マシン作成に関しては、以下の記事を参考につくります。

VirtualBox 仮想マシン作成 記事

仮想マシンの設定

Windows 10が使えるように仮想マシンソフトウェア側の設定をします。あまり難しいことは考えず、Windows 10が無事に動くように願いながら設定していきます。以下の指定箇所以外は仮想マシン作成完了後に適宜調整していきます。

システム:マザーボード

VirtualBox 設定 システム マザーボード

  • チップセット「ICH9」
  • ポインティングデバイス「PS/2 マウス」
  • 拡張機能「I/0 APICを有効化」にチェック

システム:プロセッサー

VirtualBox 設定 システム プロセッサー

  • プロセッサー数「2」
  • 拡張機能「PAE/NXを有効化」にチェック

システム:アクセラレーション

VirtualBox 設定 システム アクセラレーション

  • 準仮想化インターフェース「Hyper-V」
  • 仮想化支援機能「ネステッドページングを有効化」にチェック

ディスプレイ:スクリーン

VirtualBox 設定 ディスプレイ スクリーン

  • ビデオメモリー「256MB」(同じ画面内の「3Dアクセラ〜」および「2Dビデオアクセラ〜」にチェックを入れると256MBまで選択可能になる)
  • グラフィックスコントローラー「VBoxVGA」
  • アクセラレーション「3Dアクセラレーションを有効化」にチェック
  • アクセラレーション「2Dビデオアクセラレーションを有効化」にチェック

ストレージ

VirtualBox 設定 ストレージ

空の光学ドライブに公式サイトよりダウンロードしたディスクイメージを指定します。キャプチャではWindows 10 バージョン1903となっています。

Windows 10 セットアップ

続きまして、仮想マシンを起動してWindows 10のセットアップ作業に入っていきます。基本的には画面の案内に従って進んでいきますが長くなるので割愛します。途中、ライセンス認証やオペレーティングシステムの選択といった重要な項目について記述していきます。

Windows のライセンス認証

Windows セットアップ ライセンス認証

ここでは画面下部の「プロダクトキーがありません」を選択して認証を回避します。また、Windows 10セットアップ完了後に「Windowsの設定」からライセンス認証できますのでここではライセンス認証を行いません。

インストールするオペレーティングシステム

Windows セットアップ オペレーティングシステム

この画面でWindows 10のエディションの種類を選択できます。今回Windows 10 Proをインストールしたいので画面内のリストから「Windows 10 Pro」を選択します。Windows 10 Homeをインストールする場合は、同じようにリスト内の項目から選択します。

Windows 10 基本設定

Windowsのセットアップが完了するとOSが再起動されて、下のような画面が表示されます。
Windows 10 基本設定 開始

こちらも長いので「Windows 10 セットアップ」でGoogle検索するなどして基本設定を完了してみてください。

Windows 10 セットアップ完了後

Windows 10 セットアップ完了後、見なれた画面が表示されます。これでようやくWindows 10が使えるようになりました。

Windows セットアップ完了後

さいごに

Linuxをインストールして仮想環境上で使用した時と異なり、Windowsの場合はそれなりのスペックが要求されます。

システム仕様もさることながら仮想ディスクを保存する場所についても注意が必要です。ホストOSのストレージ圧迫を嫌がるあまり、外付けHDDにストレージを設定したときには”もっさりしたWindows 10”になってしまいますので気をつけたいところです。

参考

  1. 25%超がWindows 7という状況 – 12月OSシェア | マイナビニュース
スポンサーリンク
back to top